潮の正体

前回、北九州デリヘル風俗情報「でりえっち」のサイトをネットサーフィンしていたら、
可愛い女の子に巡り会ったので、もちろん即呼びました。
有名なお店だったのですが、
その呼んだ女の子は感度が抜群で、
イクごとに『潮吹き』をしていました。
もちろん、時間一杯責め続けて楽しみましたが、
『潮』について疑問に思ったので調べてみました。
すると、『潮』については今現在でも謎ということでした。
あるドイツ人が性欲を引き起こす場所として『Gスポット』を発見。
そこを刺激することによって『ある液体』が噴出する現象を発表しました。
しかし、メカニズムやその液体については解明できなかったそうです。
その後も、性科学者が解明しようとしましたが、
愛液が溢れ出した『愛液説』、
膣口からではなく尿道から尿が出ているとする『尿失禁説』など、
諸説飛び交い現在に至ります。
しかし、最近の研究により潮吹きは、
『女性の射精』という学説が登場しました。
男性の射精は、前立腺液などに精子が混ざったものが、
精液として放出されます。
女性の潮吹きも、精子がまざっていないだけで、
前立腺液に相当する分泌液が尿道を介して噴出したものだといいます。
つまり、潮吹きは女性の『射精』に等しいということです。
女性は前立腺を持ちませんが、
それに相当する器官から『潮』が分泌されているのだそうです。
その器官と言うのは『スキーン腺』という器官で、
そこからの分泌液が潮と考えられているそうですが、
医学の解剖書にも載っていない器官だそうで、
万人にあるかどうか、どういう働きをするものなのかなどは、
未だにわからないそうです。
まあ、今までの説より納得できる説だと思います。
ただ、女性の潮吹きは、どうしてああも興奮するんでしょうね。